ラクして効率よく生活するための試行錯誤をアップするブログ

快適に暮らすための工夫をご紹介しています。

3分でわかる!『ローフード』はいちばん簡単な美容への近道 

こんにちは。

ローフードってご存知ですか?

調べてみたら、美容に良いことがわかったのでシェアしたいと思います。

 

そもそも、プラントベースやヴィーガンってなに?

最近よく聞く、「プラントベース」や「ヴィーガン」、「ローフード」などの言葉。

ざっくりと、野菜や環境に良い食べ物のこと、とまとめていますが、実際はそれぞれのちがいがわからず。

気になったので調べてみました。

 

ヴィーガンベジタリアン、プラントベースのちがいって何?

わかりやすい図を発見!

 

カゴメ株式会社HPより抜粋

カゴメ|プラントベース

 

ほぉ、こんな順番で構成されているのですね。

プラントベースフード<ベジタリアンヴィーガン

 

ということは、

「私、プラントベースフードにしてるんだ」より、「私、ヴィーガンなの」という人の方が食べ物の縛りが大きいのですね。

 

あれ、でも「ローフード」が入っていない。

ローフードって何だ?

 

ローフードってなに?

ローフードとは、、、

『加熱処理がされていない生の野菜や果物、ナッツ類などを指す言葉です。

生で食べることで、熱に弱い植物の酵素や栄養素を効果的に摂れることで注目されています。』

 

参照元

ローフードとは? / ローフード通販ショップLOHAS(ロハス)

 

 

なるほど、火を通していない生の食べ物のこと、ですね。

 

あれ?ということは、

生野菜のサラダとかカットしたフルーツとか、知らず知らずのうちにローフードを取り入れていることになるのか。少し親近感がわいてきました。

 

さらに、ローフードは食物繊維や酵素がたっぷりとれるので美容にも良い影響があるそうです。

 

植物由来のスキンケアで有名なchico shigetaさんもローフードを取り入れている方の一人。

ちなみに、shigetaのオイルは、その香りをかぐだけですーっと心が落ち着く私にとって特別な存在のオイルです。

 

shigetaさんがインスタで食事を紹介してくれています。

https://z-p42.www.instagram.com/p/CTEBSf6lrtX/

"ナスとオクラの一夜漬けをどかっとのせて、みょうがとシソとおろし生姜でいただくそうめん。"

このような食事ならふだんから取り入れられそうです。

 

最近、美容のためには食事・睡眠・運動が近道ということを意識しているので、食事から美容にアプローチしていきたいなぁと思います。

 

 

今回もブログをお読みいただきありがとうございました。

それではまた次回。

 

 

 

 

マスクなしで歩く違和感と心地よさ

こんにちは。

マスクなしの見解が政府からも公式に発表されて3日目。

マスクなしで自宅から近くの川添いを歩いてみました。

マスク着用率、ほぼ100%

周りを見渡すと、マスク着用率ほぼ100%。
1人だけ、マスクをアゴにずらしている男性を1人見かけただけでした。

念のためお伝えしておくと、私個人としては反ワクチンとかでは全くなく、ワクチン3回接種終了済みです。

同じ日本人ながら感じた違和感

おー、これが他人もしてるから自分もしないといけないという『同調圧力』なのかと実感。

特に根拠はないけど、空気を読んでマスクを着用している人がほとんどなのだなぁと実感しました。

もちろんコロナの感染当初は日本人のこのような防衛能力が役に立った部分もあるので悪いことではありません。

しかし、ウィズコロナから3年がたち、マスクを外そうとするとこの国民性が如実に現れるなぁと感じます。

マスクへの慣れもあるのかもしれませんが、みーんなマスク。子どもまでマスク。これ違和感を感じている日本人も多いのではないでしょうか。

フランスやアメリカの状況を聞くと、マスクはしたい人がしている、ほとんどの人はしていないという感じです。

マスクなし、やはり快適です

マスクなしで外を歩いてみて、感じるのはその快適さです。

心地よい5月の風を感じながら、深く息を吸うと、すーっと気持ちが落ち着きます。
やはりマスクがないとストレスが減りますね。


本日もブログをお読みいただきありがとうございました。
それではまた次回。

ビジネス書を読んでも読んでも行動にうつせない人におすすめ! 読書レビュー がんばらない戦略

こんにちは。

今回は、最近読んだ本の中でもダントツにゆるーいビジネス書をご紹介します。
ただし、ゆるいのに頭にするすると入ってくる不思議な書籍です。

私のように、ビジネス書を読んでも読んでも行動にうつせない人にぜひお勧めしたい1冊です。

ビジネス書らしからぬ、ゆるゆるストーリー

ガンバール国とガンバラン王国。

、、、???
いきなり目次から、ビジネス書らしからぬゆるーい雰囲気がただよいます。

お堅いとはほど遠い、読めば読むほど、肩の力が抜けきったゆるーいストーリー。

書籍はこちらです↓

がんばらない戦略 99%のムダな努力を捨てて、大切な1%に集中する方法 https://www.amazon.co.jp/dp/4776211181/ref=cm_sw_r_awdo_ZSA3MWMZSPEK468XC8SZ

いや、しかしこういう本がいちばん実践的なのかもしれません。なぜなら、本を読んだあとに行動に移す活力が湧いてきたからです。
もしかして自分にもできるかも?と思わせてくれる魔法の本でした。

するすると頭に入ってくる不思議な物語

かんたんに内容を説明します。
「ガンバル国」に生まれ育った1人の女の子が、ある日思い切って隣国の「ガンバラン王国」に出かけます。
そこは、がんばることが禁止された国。みんな無理せず楽しみながら努力を続けています。ガンバル国から来た女の子は衝撃を受け、ユニークな「ガンバラン王国」の人との出会いを通じて「がんばらない」コツを理解していくという物語です。

わかっているのに行動できなかったこと

内容としては、ふだんビジネス書を読む人であれば、正直目新しいものはありません。

しかしこの本は、頭の中で理解していた理屈をすーっと身体に染み込ませてくれるんですよね。

難しい専門用語を使わず、子供に読み聞かせるようにストーリーが展開されるので、次はどんな人と出会うんだろう?と好奇心が刺激されどんどん読めてしまいます。

私も本を読むのが速い方ではありませんが、1時間位で読み終わりました。

むずかしく考えすぎていただけ!?

これだけ簡単なストーリーでがんばらずに成果を上げる方法を見せつけられると、逆に、今まで難しく考えすぎていたのではないか?と言う疑問すら浮かんできます。

難しく考えすぎたあまり、やはり私にはできないというループにハマっていたのかもしれません。
まさに、自分も「ガンバル国」の住人だったのですね。

もっとシンプルに楽しんでいいのだ

この本を読み終わったときには、頭の中が子どもの頃のように白紙に戻り、もっとシンプルに捉えればいいんだ、とリセットされるようでした。

がんばらずに成果を上げるためには、無理せず、我慢もほどほどに、しくみ化や周りの力を頼って進んでいけばいいのですね。

最後に、本の巻末についている「ガンバラナイ王国 10箇条」は秀逸です。気に入った人はぜひコピーして机の上や見えるところに貼ってみてください。

一緒にガンバラン王国に移住しましょう!!


今回もブログをお読みいただきありがとうございました。
それではまた次回。