ラクして効率よく生活するための試行錯誤をアップするブログ

快適に暮らすための工夫をご紹介しています。

シェアサイクル「ダイチャリ」で鎌倉まで行ってみた(失敗談・お得なクーポンあり)

こんにちは。

 

今回は、東京・神奈川・埼玉を中心に展開しているシェアサイクル「ダイチャリ」を使ってみたので、その感想をシェアします。

 

緊急事態宣言が3月7日まで延長となりましたが、首都圏の電車は結構混んでます。

でも、休日はどこか出かけてリフレッシュしたい!

のんびり気ままに移動したい!

そんな時に、ググって出てきた自転車のシェアリングサービスを使ってみました。

 

首都圏在住の方で、シェアサイクルに興味がある方におすすめの内容です。

 

◆まずはシェアサイクル「ダイチャリ」に登録

スマホで登録します。

こちらのアプリをダウンロードし、会員登録します。

apps.apple.com

 

 

◆自転車を借りる

アプリでどこに自転車があるか探すことができます。

自転車の場所を見つけたら、好きな自転車を選びます。

自転車のデザインは同じですが、見るべきポイントは、バッテリーの充電量。

少し遠くに出かけたい場合は、充電が一番多いものを選ぶのがおすすめです。

 

✳︎失敗したこと✳︎

後から説明を見たらSuica等でも登録できるとの事!クレジットを登録しなくても、Suicaを自転車の鍵の部分にかざせばレンタルできるそうです。これから会員登録する方は、ぜひお手持ちのSuicaPASMOで登録してみて下さい!

 

◆サドルの高さを調節する。

身長に合わせて、サドルをあげたり下げたりしてください。サドルの高さで乗り心地が全然違うので、少し面倒ですが頑張りましょう。簡単に調整できるので、女性でも安心です。

 

◆早速乗車!

電動自転車なので、細かな歩道の段差など、細かいところをアシストしてくれるので楽々進むことができました。

また、アシストのレベルが3段階調整できるのでお好きなものを選んでみてください。

 

◆鎌倉までgo!

Google マップで調べたところ、鎌倉まで約14キロメートル。

自転車でのんびり進み、約1時間半ほどで鎌倉まで到着しました。

 

✳︎失敗したこと✳︎

日差しがまぶしかった! 2月なので油断していましたが、ちょうど太陽のまぶしいほうに向かって進んでいたので目が疲れてしまいました。メガネやサングラスを持っておくとよかったです。

 

◆ちょっと駐輪したいとき

途中気になるお店があり、少しだけ自転車を止めました。

再度自転車に乗る時はアプリに表示されている4桁の暗証番号を入力すれば開錠できます。

鍵を持つ必要がないので、とてもスムーズでした!

 

◆鎌倉到着

目的地に着いたので、自転車は200円の駐輪場に預け徒歩で散策しました。

 

✳︎失敗したこと✳︎

人が多かった。。メインの観光地は避けて、鶴岡八幡宮とカフェに立ち寄りそそくさと退散しました。

 

◆返却

「ダイチャリ」のステーションであれば、どこでも返却できます。

ただし、自転車が満車の場合は返却できないので注意してくださいね!

 

 

◆気になるレンタル料金

15分ごとに70円です。

都内のサービスは30分で150円のものが多いので、15分間隔で刻んでくれるのは嬉しいですね。今回は5時間半ほど使う予定だったので、こちらの12時間コースにしました。

12時間 ¥1000円

3時間半以上使う方は、12時間コースがおすすめです。

 

また、こちらの方の紹介クーポン(初回のみ)を使いお得になりました。

【紹介コード:g+ZXmgluy2】15分あたり70円、ダイチャリのクーポンの使い方 - あんりふ!

 

使ってみた感想

ステーションのエリアが東京、神奈川、埼玉と幅広いので少し遠出したい時にもステーションを見つけることができ、とても便利でした。

また、15分単位で課金されるのも私の知る限り「ダイチャリ」だけです。

自転車のあるステーションを起点に行動すれば、かなり安く移動できそうです。

 

 

これだけ自転車のシェアリングが広まってくると、所有するよりシェアした方が身軽でメリットが大きくなりそうですね。

ただし、コロナ対策はしっかりと!おトクに移動を楽しみましょう。