ラクして効率よく生活するための試行錯誤をアップするブログ

快適に暮らすための工夫をご紹介しています。

ヒヤシンス球根の水栽培はじめました。おしゃれで便利なフラワーベースが大活躍

f:id:ayakoendo:20211024114351j:plain
こんにちは。

通りがかりの花屋さんで球根を見つけたので、ヒヤシンスの水耕栽培はじめました。

なぜこんなにふらっと始められるのか?
それはフラワーベースのおかげです。

水耕栽培は、フラワーベースによって印象がけっこう左右されます。
昔懐かしいものでも良いのですが、お気に入りのちょっとおしゃれな花瓶があるのでご紹介します。

確か5、6年前に美術館のミュージアムショップで購入した記憶があるのですが、、、アマゾンでも取扱いがありました。しかも花瓶部門のベストセラー1位。納得です。

1個で1100円。

これのすごいところは2つ。

①球根と切花両方につかえるコスパの良さ

このフラワーベースは土台に球根を置くお皿がのっているだけのシンプルな構造になっています。そのため、上のお皿を取れば、切花の花瓶に早変わり!球根は冬〜春限定のお楽しみですが、切花も飾ることができるので春夏秋冬ずっと活躍してくれます。
f:id:ayakoendo:20211024114349j:plain
かんたんに外れるので水の入れ替えもラク〜。

また、長い切花を飾りたい場合は、ロングタイプがおすすめです。

1個で約1900円。

②ザ・シンプルなデザインで部屋を選ばない

長年使う上で、このポイントが大きいかもしれません。
本当にシンプルなデザインなのでお部屋の邪魔をしません。まるで空気のような軽やかな存在感。ガラスも薄めなので、光が当たると水が透き通ってこれまたキレイ。根っこもきれいに映ります。



球根の植え時は10月中旬〜12月頃なので始められる方はぜひお気に入りのフラワーベースでお楽しみ下さい。

それではまた次回。